更新日:2017/02/25

キャンペーンで知名度アップを狙うカードローン


最近は、キャッシングよりもカードローンに注目が集まっています。そのため、各消費者金融なども各種キャンペーンを実施して知名度アップ効果とユーザーの囲い込みに力を入れています。

例えば、ポイントキャッシュバックキャンペーンやギフト券キャンペーンなどそのキャンペーンは独自のバックボーンを生かしたものかそうでないものまで様々です。では、そんなに種類がある中から何を選べばよいのでしょうか。

おすすめは、やはり金利が安く設定されている銀行系のカードローンがおすすめです。通常の消費者金融などに比べると審査は厳しくなっていますが、総量規制外となるため、通常の消費者金融に比べて借入可能額が年収の1/3を超えての利用も可能となっています。

三菱東京ufj銀行、三井住友銀行、新生銀行などいろいろな銀行がカードローンを行っていますが、やはり人気が高いのは、三菱東京ufj銀行が提供する「バンクイック」です。テレビ窓口であれば、即日カード発行が可能で融資が受けられます。審査などは、普段利用されている銀行などのほうが融通が利く可能性が高いので、まず利用を考えられる方は、銀行窓口で相談して見てください。


カードローンでもポイントが付く楽天


カードローンやオートローンでは借りやすさなどの便利さというものはありますが、お得さというのはあまり感じられないものです。しかし楽天のローンなどは借りる場合にポイントなどが付くケースもあるので、必要な金額を借りるだけではなく、ポイントも付くので色々な買い物などにも使うことが出来ます。

この場合には指定の条件などがあり、口座を所持しているなどがありますが、それさえできればポイントがもらえるのが楽天の利点であり、借金をしながらでも楽しみを見出すことができるという他にはあまりないサービスがあります。

こういう便利さと共にサービスが貰える所は、金利などとは別にポイントなどを加算をして計算をしてみるとお得さの違いを把握することが出来るのです。そしてサービス以外にも楽天は限度額が高く設定出来ることもあったり、カードローンで費用も掛からないなど利用をしなくても審査だけ通しておくというのも出来ます。

楽天銀行はポイントが付いたり、年会費などが必要ないなど利点が多くなっています。


キャッシングとカードローンの違い


キャッシングやカードローンに興味を持った方は少なくはないと思います。でも、キャッシングもカードローンもお金を借りると言うことだけで理解しているつもりにはなっていませんか。確かにお金を借りると言うことにはかわりないですが、明確に違いがあります。

キャッシングとはクレジットカードに付いているキャッシング枠を利用してお金を借りることを言います。クレジットカードは、代金決済代行が主となるため、キャッシングについては付帯的な要素として審査されています。そのため、金利も高く、18%が主流で一律になります。

カードローンはお金を借りるというそのものについて審査しています。また、設定された限度額の範囲であれば自由に、借入と返済ができるという特徴を持っています。さらに、設定される限度額が高くなればなるほど(弁済能力が高ければ)金利の設定が低くなります。

この辺りの仕組みに対する読みが甘いと損をします。定期的にキャッシングを利用するようであればカードローンを利用された方がよいでしょう。今ではカードローンは即日審査、即日発行が可能です。

最後に、キャッシングもカードローンも利用するときの極意として、計画的かつ短期借り入れがよいです。


確定申告書と催促状に関する視点


即日融資などでは、たまに確定申告書などが必要な事はあります。ちなみにそれは、必ず求められる訳ではありません。金額が低い時などは、それは基本的には不要と考えて良いでしょう。提出してもらう理由も無いからです。

ただ若干高めな金額となると、それが求められるケースはある訳です。したがって多く借りたい時などは、上記書類などを準備しておく必要はあります。状況によって、必要になる書類も変わる訳ですね。ところで借りた時は、今度はまた別の意味で気をつけるべき点があります。

催促状です。当然ですが、借りた場合は返す必要はあります。返さないと、後で色々と大変な事になってしまうからです。テレビドラマなどでも、その問題がクローズアップされる事はあるでしょう。当然ですが、それは避けたいですね。

それで上記の催促状なども、その1つです。ただ最近では、催促状が使われる事例も減ってきています。色々と問題があるからです。書面というよりは、むしろ電話などで督促されると考えて良いでしょう。


常に現金に余裕を持ちたいなら土日も迅速に融資対応してくれるプロミスを含む消費者金融のカードローン契約が一押し!


消費者金融や銀行のカードローンは、基本的にクレジットカードのキャッシング枠より高い限度額を設定して借入できるほか、ローソンやセブンイレブンのATMを使って外出先でも出金が可能なので、常に手持ちの現金に余裕がない人に利用が最適です。

金融機関が閉店する土日や時間帯を気にせずカードローンキャッシングしたいなら、銀行よりは即日融資や審査への対応も早い消費者金融と契約したほうが有利です。

中でもプロミスは、メガバンクと呼ばれる三井住友銀行と提携をしており、その恩恵も受けて少額借りても18%を切る利率で借入ができます。しかも三井住友銀行かジャパンネット銀行の預金口座を振込先に指定しておけば、24時間オンラインで即時借入ができ、わざわざ外出して人に会う事なくキャッシングが可能です。

ちなみにプロミスを含めアコムやノーローンには、約1か月利息を付けないで元金だけ借りれる銀行カードローンにはないキャッシング特典もあるので、賢くお金を借りてスマートに返済を済ませたいなら必ずチェックすべき貸金業者になります。


100万円以上の大金借入れに成功したいなら収入証明書不要の銀行即日融資ローンの契約が理想的!


100万円を上回る大金の借入審査の通過に成功したいなら、収入証明書不要の銀行カードローンへの契約申込が願いを早く叶えやすいでしょう。300万円以下の借入契約で収入証明提出不要としてるローン会社は、WEB店舗型の銀行が殆どですから、ネットバンクやコンビニでの借入返済に特化したサービスを提供しています。

又、WEB店舗型の銀行は最新のネット技術を駆使した即日融資も得意分野なので、土日の申込でも審査回答に数日の猶予を設けてるメガバンクより迅速な対応が期待できます。ちなみにWEB店舗型の銀行カードの代表格で挙げられるのは、オリックスやソニー銀行などで最高融資枠も800万円と大変充実しています。

但し融資枠が高いカードローンは、債務整理体験談で度々目にする多重債務のトラブルの火種にもなり得るので、折角の人生を棒に振らないためにも、個々の収入職業に応じた 限度枠を適切に設定する事が大切です。

尚、用心すべきカードローンの契約額については、銀行のホームページに表示されてる返済シミュレーションツールも上手く活用しながら賢く算出するのがよいでしょう。


締め切りやプライバシーなど3つの大切な項目


何かお金の問題があって、借りるケースはよくあります。それでマックスバリューなどの業者が提供する、即日融資を活用する方々も、かなり多く見られます。ただしそれを利用するならば、3つ注意点があります。まず1点目ですが、利息合計は要注意です。

当然ですが会社から借りる際には、所定の手数料は生じる事になります。それで現金に換算すると、具体的に何円程度になるかは、やはり把握をしておくべきでしょう。2つ目ですが、締切などには要注意です。上記のような手数料も含めて、一旦借りたお金などは、もちろん返していく事になります。

それで遅れてしまえば大変な事になりますから、締切を守る姿勢が重要と言えます。そして3つ目が意外と大切です。自分が検討する会社が、きちんとプライバシーを守ってくれるか否かです。家族などに内緒で借りるとなると、情報が外に漏れることは困るでしょう。したがってプライバシー体制がどのようになっているかは、クチコミなどで確認する方が無難と言えます。


コンビニなどの見極めポイントと件数に関する注意事項


即日融資という商品は、幾つかのポイントがあります。まず商品などは、できるだけ慎重に選ぶ方が良いでしょう。やはり利便性が高い商品が望ましいのは、言うまでもありません。例えばコンビニの可否などは、商品を見極める基準の1つになり得ます。もちろんコンビニで貸し借りなどを行う事ができる方が、大変便利ですね。

逆にそれが不可能な商品も、中にはあります。ですのでATMの可否などは、商品選びの基準の1つになるでしょう。それと費用に関する問題もあります。金融関連の会社から借りる時には、必ずと言って良いほど手数料があります。その大小などは、各商品を見極める基準の1つになるのです。 ただ申込時の段階では、件数には気をつけた方が良いですね。

人によっては複数の金融会社によるお世話になっていて、お断りになってしまう事例もあります。あまり件数が多すぎると、よほどお金に困っていると勘違いされて、お断りになる事もあるのです。ですので新規申込をする際には、できるだけ件数は減らすべきでしょう。"


アコムの返済期日は2種類ある


アコムでは35日ごと、毎月指定期日の2種類の返済期日を用意してます。35日ごとは返済日の翌日から35日後が次回の返済期日です。それまでならいつでも返済することが可能です。アコムの利息はご利用した日数分だけなので、35日後の返済期日を待たずに返済すると言う行動を繰り返すとご利用日数が少なくなり、利息分が少なくなってお得です。

毎月指定期日は1日から月末まで一定の返済期日を指定できるのが特徴です。給料日の2日後から3日後くらいに指定しておくと返済しやすいです。毎月返済期日が一定なのでうっかり忘れると言った心配も少ないです。

返済期日から15日以上前に返済すると任意返済扱いになり、返済期日はそのまま変わらないです。返済方法に口座振替を選んでいる場合は毎月6日のみしか指定できないです。毎月指定日が土日祝になり、アコムが休日の場合は翌営業日が返済期日となりますので注意が必要です。

アコムの最大30日間金利ゼロサービスは数日借りてすぐに返済すれば利息分を支払せずに済んでお得ですが、35日ごとの返済期日を選ぶ事が必要です。


セブンイレブンと融資可能額を基準に選ぶ


お金を借りる状況にも色々とありますが、土日などは大いに考えられるタイミングです。毎月給料日に近い局面などで、業者から借りる状況もあるでしょう。ところで、業者を選ぶ時には2つポイントがあります。まず1点目ですが、セブンイレブンに関する要素です。

そもそも借りる業者によっては、コンビニにも対応しています。上記で触れたセブンイレブン以外にも、対応している業者も数多いです。ただ中には対応不可の業者も有りますから、それは会社選定の基準になるでしょう。

それ以外にも、業者選びに関するポイントがあります。融資可能額に関する数字です。そもそも業者から借りられる金額は、それぞれ違いがある事は間違いありません。かなり高めな会社も存在しますが、もちろんその逆もある訳です。

一般的には銀行関連の会社は、総じて可能額も高めに設定されています。ある程度大きなお金が必要な時などは、やはり賃金業者というより銀行が主な候補になるでしょう。"


返済に関する利便性でカードを比較


カードローンは、非常に便利です。その利便性ゆえに、官公庁系で働く人々も高く評価する場合があります。それを1枚保有しているだけで、簡単に借りる事が可能だからです。比較する基準として、返済に関する利便性が挙げられます。それゆえに、銀行ではなく別会社からカード発行を検討する事もあります。

確かに銀行などは、手数料は低めに設定されているのです。それだけに節約を望む人々としては、銀行を検討する傾向があります。ところが賃金業者の場合は、返済に関する利便性は優れている事も多いです。利用可能なATMなども、かなり幅広いことは間違いありません。

また利用可能な時間なども、銀行よりは幅広く設定されている訳です。中には、真夜中でも利用可能なカードも存在します。もちろん幅広さは、カードの利便性にも大きく関わってくるでしょう。

また返済方式なども、カードを比べる基準に関わってきます。定額返済など、便利な方式になっているか否かも、重要ポイントです。


住民税滞納はほっておくと大変


住民税滞納をするとどうなるか、皆さまはご存知でしょうか。通常の会社にお勤めの方は、天引きされているのであまり気にされないと思います。ハッキリ言って、住民税滞納をほったらかしておくと大変です。納税通知が発行されてから、期限内に納税しない場合、督促状、次に差し押さえ予告、最悪のケース差し押さえなんてことにもなりかねません。

それを聞いて、とりあえず消費者金融で即日融資してもらおうなんて考えるとそれはそれで、負のスパイラルにはまります。そもそも住民税が払えない人が、お金を借りたらその借金の返済も払えないでしょう。

とはいえ、そんな時の対策はたくさんあると思っている方もいるかと思います。親からお金を借りるとか・・・それは根本的な解決にはなりません。やはり、払えないなどと判断した場合は、すぐに最寄りの役所へ行き、相談してください。

ハッキリいって、この手の話(税金や国民健康保険)などは相談に行けば分割の返済方法を提示してくれたりと、役所側も策を持っています。すぐに、借りて返済ではなく、自力で支払いできるすべを検討しましょう。